進化と人災の多発!【ベルメウスの時代 Vol.41】

人災が多発する

 

 「進化の前触れ」としての一つの代表的な例が、人為的な事故です。

 

 「通常ならば起こりえない……」「普通だったら考えられない……」

 この様な事故やミスが頻繁に起こってきます。

 (その後、世界に衝撃を与えることになる、2001年9.11テロ、世界一の頭脳であるハーバードが仕掛けた「金融工学」の破綻であるリーマン・ショック、きっかけは天災であったとしても取り返しのつかない災害となった2011年、日本の3.11「想定外」な原発事故等々)。

 

 皆さんもそのいくつかに、すぐ気がつくことでしょう。

 これはなにも他人事ではありません。いつ自分がその当事者にならないとも限らないのです。

 これは、ただ単に人間の不注意から起こってくるだけのものではない可能性があります。

 宇宙転生が行なわれるとき、それは生命のエネルギーに対する影響ですから、人間が通常とは違った感覚に陥ったとしても不思議ではありません。

 それによって自分でも考えられないようなヒューマン・エラーを侵す可能性が高まってしまいます。

 

 ですから外宇宙からのエネルギーに順応し、スムーズに宇宙転生の影響を受け入れるために必要なことが、今起こりつつあることを理解して、自分のメイン・コントローラーを安定させ、冷静な判断を行う」ということです。

 状況を理解して判断するのと、パニックで行う判断とはまったく違ってくるということです。

 

 生存の母体であり、基盤であるこの惑星の環境破壊を少しでも食い止めること(生源保守)が皆さんの意識次第で出来るのです。

 

 自分自身の感情を安定させ、人間的にも、環境に対しても優しくなることが今の皆さんによく考えて欲しいことなのです。(これを加筆している2017年秋の北朝鮮を発端とする「核兵器」などに対する過熱などは、まさに冷静に対処するべき問題でしょう)

 

 皆さんも、「意識次第」で自らの生活の充実と安定を求めることが出来るのです。

 今こそ、進化のチャンスをつかむときなのです。

 

思考の変化と精神の不安定

 

 変革の前兆は「人災の多発」だけではありません。

 「人間の考え方の変化」もこの時期に起こりやすい特徴の一つです。

 

 今まででは考えられなかった思考の変化が起こります。

 これは政治的イデオロギー変化などの比ではありません。芸術、宗教……その他あらゆる文化、文明に関連してきます。

 

 1989年には社会的に大きな激動ともいえる動きがあったことは皆さんもよく覚えていらっしゃることでしょう(現在ではすでに「歴史上の変革」といえるかも知れませんが)。

 

 中国や東欧における民主化の波、ベルリンの壁の崩壊に代表される政治や経済の破綻、自由への望み。

 しかし良いことばかりではありません。

 マネーゲームの狂気とも思えるブーム(この後、日本ではバブル経済の崩壊、世界的にはサブ・プライム問題などが発生)。

 宗教・思想に関する社会的トラブル(今に続く宗教戦争や霊感商法を起こした教団の問題やらオウム事件が発生)。

 異常な物欲に支えられた消費等々、数え上げたらきりがない程です。

 

 このような、まさに異常ともいえるさまざまな行動は、今後ますます増える事になるのでしょう。

 

 それから、もう一つの大きな前兆が「人間の精神不安定」です。

 事故や前述の激動も、劇的な価値観の変化、すなわち「人々の考え方が大きく変わってくる」という変化に起因することが多いのですが、また「人の精神不安定」にも原因がある可能性も高いのです。

 

 その原因が「外宇宙からの生体エネルギーの影響(宇宙転生)で、地球人のオーラに変調が起こり、一時的に不安定を引き起こすという現象」であることはこれまでお話しして来た通りです。

 

 これらのように、今後ますます進化(アセンション)に伴う特徴的な出来事や行為が目立ってくることでしょう。

 皆さんは日々の生活の中に、じょじょに、そしてはっきりとその前兆を感じることになるでしょう。

 

 アセンションという次元上昇の時は、もうすぐそばに来ています。

 

 いや、それは既に始まっていると感じています。